北九州市小倉南区 LA600S タント RECS施工 CVTF交換 WAKO'S ワイズガレージ

サブページメイン画像

  • HOME
  • WAKO’S
  • LA600S タント RECS施工 CVTF交換 WAKO'S

LA600S タント RECS施工 CVTF交換

 当店をご利用いただき誠にありがとうございます

LA600S タントカスタム RECS施工とCVTF交換でのご入庫です。

 RECS 急速洗浄液

吸気系から燃焼室まで、堆積したガム質・ワニス・カーボン・デポジットを短時間で強力にクリーンアップ
高性能清浄剤の清浄効果により、インテークマニホールド・吸気バルブからピストンヘッド・シリンダーヘッド、さらに排気バルブまで短時間で洗浄し、燃焼状態を改善させます。

 RECS注入

エンジンの負圧(エンジンが空気を吸い込む力)を利用してスロットルボディ後のインレットマニホールドより洗浄液を注入します。
点滴の要領で1滴づつゆっくりと注入することによって、吸入空気と一緒に各シリンダーへ洗浄液がいきわたります。

 ATF/CVTFチェンジャー

CVTFはレベルゲージよりチェンジャーを使用して抜き替えを行います。

 全自動交換

基本的には交換量をセットすると残りの作業はチャンジャーが自動的に行ってくれます。

 交換前CVTFとワコーズCVTFプレミアムスペック

赤いCVTFが純正フルード、透明に見えるCVTFはワコーズのプレミアムスペックとなります。

 診断結果

交換前と交換後でフルードの汚れ・劣化具合をチェックします。

 レーシング

最後にエンジン内部やインレットマニホールド内に、洗浄液が残らないようにレーシングをします。
この際に洗浄液が多く残っているとマフラーから白煙となって吐き出されます。
走行中に洗浄液が大量に燃焼室に入り込むと、エンジン内部を破損させてしまう可能性があるので、レーシング作業は必須となります。
またのご利用をお待ちしております。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お気軽にお問い合わせください。
お電話またはメール・LINEにて承ります。

お電話でのお問合せは
093-777-6313
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

WAKO’Sの他のページ